HISTORY ~ 喜劇病棟@ふくおかの歴史&公演記録 ~

~ 喜劇病棟@ふくおかの誕生前 ~

 

★★★2002年~
2002年。
当時大学生であった仲町響介(当時は狂介)人見叫三(当時は狂三)によって
突劇!?喜劇病棟が山口県で誕生した。
旗揚げ公演の『Control~コントロール~』は
仲町作品と人見作品を織り交ぜたコントオムニバスで、アドリブを多く取り入れた
異色の劇は会場を笑いと混乱とカオス世界に包み込んだ。 

kigekibira1 nakamachikt hitomik

 

★★★2003年 ~
代表の仲町響介は大学卒業と同時に九州朝日放送(KBC)関連の番組制作会社へ就職し、
単身1人で福岡県へ移住。 まだ学生だった人見叫三は山口に残り活動を続けた。
dai2kai1 dai2kai2
仲町響介は福岡で働きながらも脚本や制作物や酒の提供、ゲリラ出演等で山口の
喜劇病棟に関わっていたが、「やっぱり福岡でも芝居がしたい!」 と会社を退職。
福岡での演劇活動と喜劇病棟@ふくおかの設立の為に動き始める。

 

★★★2004年・2005年~
喜劇病棟@ふくおかの設立の為に動き始めた仲町響介
縁もゆかりも人脈も無い福岡の地で、役者、脚本家として活動の場を広げていき
2005年。福岡や九州の演劇に関わる人々の為の交流の場、発展の場として
『九州・福岡演劇コミュニティ』
を創設。

 

また、当時日本初のSNSとして誕生したばかりのmixiの中にも
『九州・福岡演劇コミュニティ』を作り、オフ会や交流会等の企画を開催し
演劇関係者や演劇に興味を持つ若者達がネットリアルで横の繋がりを広げ
発展していける様な活動も行っていた。

fc  kouryuu
この『九州・福岡演劇コミュニティ』からは様々な企画やコラボ団体や劇団が誕生し
後に、参加者数800名を超える九州最大規模の演劇コミュニティとなった。
(  現在もmixiにコミュニティは残っている。)

 

★★★2005年・2006年~
喜劇病棟@ふくおかのメンバー募集を開始した仲町響介
演劇経験の無い素人初心者を積極的に役者として採用し、個人の持つ才能、
魅力、面白さを発見発掘しながら宛書きによるオリジナル脚本を多数創作し、
メンバーの育成に力を注いでいった。
keiko1 kangei
★★★2006年・前半~
この頃の仲町響介は、他団体への脚本提供や役者活動(客演)も積極的に行っており
2006年の2月には『 北斎夢幻 』で福岡市民会館大ホールの舞台に立ち、
2006年の3月には、初めて応募した公募の役者オーディションに合格し
数十名の応募者の中から主役(犬神の月雄役)に抜擢され北九州芸術劇場の舞台に出演した。

hokusai inugami inugamik
寺山修司の伝説の戯曲『犬神』(演出:白井晃)に出演した仲町響介
物悲しく不幸な不思議な少年の役(月雄)をシリアスに演じきっていた。
その為、終演後の出演者インタビューで仲町響介が素で話し始めた瞬間・・・・・、
仲町の役と素のギャップに驚いた観客席からワッと大爆笑が起こったという。~メンバー談~

 

~ 喜劇病棟@ふくおかの旗揚げ ~

 

★★★2006年・後半~
喜劇病棟@ふくおかのPRの為に
自ら看板として他団体に出演していた代表の仲町響介であったが
10本以上の脚本が完成しメンバーもじわじわと育ち始めていた事もあり
「いよいよ機は、熟して、いないかもしれない。けれど、そろそろ、時期だ」
と、旗揚げを決意し、一気にバタバタと動き出す。

 

そして・・・・・、2006年・11月

 

突劇!?喜劇病棟@ふくおか、ついに、旗揚げっ!

 

daizerop2 daizerop
2006年11月に、突劇!?喜劇病棟@ふくおかの初公演(旗揚げ公演)となる
『第ゼロ混興曲 ~混ぜ混ぜオムニバス乱射!?~ 』を上演。
ドタバタコント、シュールな喜劇、ホラー、SF、悲劇と喜劇が混在した作品等
5つのオムニバス作品を上演し、会場を爆笑の渦に包みこんだ。

 

daizerop1  daizerop2
『 第ゼロ混興曲 ~混ぜ混ぜオムニバス乱射!?~
上演作品■『喜劇病棟!?』『授業三間』『リンネ・ゼオイ・オブ・ホラー』他
脚本/演出■仲町 響介 CAST■玉虫玉男/石田ジョニー/香月涼/上川流鮒/Flower/
神田美紗/キヨフジケイ/桃乃木さゆり/金太郎師匠/仲町響介
GUEST■三原宏史&永井 順也((劇)池田商会)STAFF■荒木理恵/湯越慶太
DATE■2006年11月18日(2回公演)/福岡市青年センター

 

この後、喜劇病棟@ふくおかの若手メンバーの多くがプロの俳優声優を目指し
東京や海外へ進出していく様になり、仲町はメンバーの飛躍を積極的に支援した。
そしてこの頃から仲町響介は、公演毎に役者を集める『プロデュースユニット形式』
という新しい運営形式を取り入れる様になっていった。

 

 

★★★2007年~

2007年には本格的にプロデュースユニット形式での活動を行う様になり
2007年の夏。 経験の浅い若者と経験豊富な役者をゲストに招き
コントオムニバス長編の悲喜劇共演してもらうという試みを行った。
これが2ndstageの『ゼン王国とアク王国~コトバオカシキ黒バージョン~』である。

zenakup daiseross

『ゼン王国とアク王国 ~コトバオカシキ黒バージョン~
脚本/演出■仲町 響介
CAST■井口 誠司(テアトルハカタ)/杉山 英美(ギンギラ太陽’s)/立石 はるな(劇団ひまわり)
/末満 智洋/永井 順也((劇)池田商会)/石田 ジョニー/玉虫 玉男/橘★らん/仲町 響介
STAFF■横田 茜(Do-リンク場)/柳川 千尋/湯越 慶太
DATE■2007年8月25日・26日(全4回公演)/テアトルはこざき

 

 

★★★2008年~

その後も様々な企画や実験を行っていた喜劇病棟@ふくおかであったが
2008年の3月。代表の仲町響介は突如
「一晩で脚本を書いて三日間だけ稽古してすぐ上演します。」と発表し
『 オセロ~僕が眠り続ける理由について~ 』という実験芝居を上演。
oserop1 osero01
白黒夢的小作品『オセロ ~僕が眠り続ける理由について~
脚本/演出■仲町 響介 スタッフ■柳川 千尋/橘★らん
演者■村井 善幸/ 清野 由佳理(ゆかい)/石田ジョニー/ 仲町 響介
DATE■2008年3月10日/福岡市青年センター

 

この『オセロ~僕が眠り続ける理由について~』の舞台は全て白と黒で構成されており、
作品の中で白=「生」黒=「死」の意味を持っていた。
白と黒のオセロがパラパラとひっくり変える様は、まるで生と死のゲームの様であり
生と死の世界を行き来する灰色の演者、夢と現実の狭間(はざま)を彷徨う演者、
眠り続ける演者等が登場する不思議な世界は、哀しく可笑しく奇妙であると同時に
妙に意味深な実験芝居となった。

 

そして、この作品を最後に、旗揚げ時からのメンバーであった
石田ジョニーも東京へ上京し、仲町響介は生まれ故郷の大分の劇団や
東京の劇団に脚本の提供を行ったりしていたが、2009年以降、
喜劇病棟@ふくおかが公の場に露出する事は無くなっていった・・・・。



そして、その後、HP上で『 活動休止 』のコメントが発表され

喜劇病棟@ふくおかは、完全に、全ての活動を、休止した。

 

 

 

 

kigekiff

 

 

 

homem